おすすめグルメ

熱海ボンボンベリーの注文システムは?絶対頼むべきメニューはこれ!

この記事は熱海にあるいちご専門店ボンボンベリーの注文システムについて書いています。

女子旅に欠かせない、映えスポットとおいしいスイーツ。

この2つを兼ね備えているのが、熱海のボンボンベリーです。

商品もお店の中も全部まるごと可愛いが詰まったボンボンベリー。

ですが、注文方法が少しわかりにくいので、解説していきたいと思います。

ボンボンベリーのメニューは?

ボンボンベリーのメニューはまさにいちごつくし!

いちごだらけなので、見た目も可愛く、味も女子が好きそうな味のものばかり。

ボンボンベリーのメニューには、

  • おみやげもの
  • 店内でイートインできるもの
  • 食べ歩きできるもの(テイクアウト)

の3種類。

おみやげには、要冷蔵のいちごプリンや、フロマージュなどやクッキーやポップコーン、ジャムなど色々と揃っています。

イートインできるのは、ドリンク・パフェ・ケーキ・ソフトクリーム・プリンなど。

ドリンクはいちご味ではない、普通のコーヒーもありますので彼女と一緒に来たけど甘いものが苦手な男性にもありがたいですね。

また、店内でも食べられるイチゴ飴などの串に刺さったスイーツは食べ歩きも可能。

手が汚れないし、写真でも映えるのでお店の前では女子たちがこぞって自撮りをしています。

ボンボンベリーの場所はどこ?

営業時間:10:00 – 18:00

住所:〒413-0011 静岡県熱海市田原本町3-16

電話番号:0557-55-9550

最寄り駅:JR熱海駅より徒歩2分

熱海の駅から徒歩2分の好立地。

屋根のある商店街をずっと歩くので、雨が降っていても心配ありません。

隣にはこれも人気の熱海プリンのお店があり、両方立ち寄る人も多いです。

ボンボンベリーで出しているいちごプリンは熱海プリンのものとなっています。

ソースが別添えで、2度おいしいプリンです。

瓶もかわいいので、持ち帰る人も多くいます。

ボンボンベリーの注文システム!

ボンボンベリーは3階建ての建物です。

小さなビルなので、階段も狭いので上り下りには気をつけましょう。

1階が商品売場とレジ、2階・3階がイートインスペースになっています。

イートインと聞いてピンと来るかたもいますよね。

ボンボンベリーは普通の喫茶店のようなシステムではありません。

1階で買い物をして、その際に持ち帰りなのか、食べていくのかを伝えます。

「これとこれは持ち帰り、ドリンクやスイーツは店内で」などと伝えるとスムーズですね。

たいがいお客さんが行列で並んでいますので、その間に貼られているメニューを見て決めても良いのですが、店内のショーケース前は人が2人すれ違えるかどうか、くらいの狭さなので、事前にHPなどでメニューを確認していきましょう。

ショーケースの前に来たときはもう注文の順番になっているので、ゆっくり選んでいられません。

後ろに人がたくさん並んでいるので、のんびり選んでいられない感じですね・・・。

レジ&ショーケースの後ろにお土産用のクッキーやジャム、ポップコーンやランチトートやキーホルダーなどが並んでいますが、これも棚が見える位置になったらもう会計の順番。

なので、ぱぱっと選ぶ必要がありますね。

注文したら、自分で階段を登って席に付きます。

階段は狭く、急なので熱いドリンクを持ったりしている場合には特に気をつけましょう。

席も1階につき、10名程度なのでお連れの人がいる場合は先に先の確保をしたほうがよさそう。

というか、みなさんそうされていました。

私が行ったときはまだ準備していないとのことで注文できなかったのですが、1200円で「いちごのアフタヌーンティーセット」というセットを注文することができます。

そのセットのみ、2階の窓口受け取りになります。

ドリンクのお砂糖やマドラー、スイーツのスプーンやフォークなどはセルフサービスで2階3階に置いてあるので、各自自分で用意します。

店内は壁をピンクに塗ってあり、ネコのおしゃれなイラストが書いてあるので、どこで写真を撮っても映える店内になっています。

椅子やテーブルも2階と3階では違うので、ぜひ両方覗いてみてくださいね。

ボンボンベリーの待ち時間は?

ボンボンベリーの待ち時間は平日でも10分から20分。

休日で天気がいいと、30分は待つこともあります。

さらに店内で食べたい場合、席があくのを待つ必要があるので早めの来店をおすすめします。

いちごみるく・いちごスムージーなどのドリンクや、イチゴ飴などの串ものは外でも食べることができるので、店内が混んでいたら外で食べるのもありですね。

海まであるいて10分程度なので、海辺で食べるのもまたよし。

熱海で映えスポットとスイーツを探している場合はぜひ、ボンボンベリーに立ち寄ってみてください。