子連れスポット

箱根は子連れで!のんびり秋の箱根おすすめコース

この記事は子連れでのんびり行く秋の箱根のおすすめコースをご紹介します。

都心からも近く、新宿から1本で行ける箱根は子供連れの旅行先としても、シニアの旅行先としても人気です。

そんな箱根は、孫とおばあちゃん、おじいちゃんを連れての親子3代旅の行き先として選ぶ方も多いですよね。

今回は子連れでのんびりと楽しめる、秋の箱根おすすめコースをご紹介します。

箱根フリーパスがお得!

箱根を色々と見て回るのには、箱根フリーパスがお得で便利です。

箱根フリーパスは

  • 小田急線往復
  • 8つの乗り物が何回でも乗り降り自由
  • 70の施設の割引や優待が受けられる

の特典がついていて、大人が5700円、こども1500円と大変お得なチケットです。

お得なだけではなく、箱根フリーパスの子供連れ旅のおすすめポイントは、

  • いちいち切符を買わなくていい
  • 子供がぐずっても乗り降り自由

子供がいると、毎回切符やチケットを買うのに並ぶのって大変ですよね・・・。

フリーパスなら、これさえあれば

  • 箱根登山鉄道
  • 箱根登山ケーブルカー
  • 箱根ロープウェイ
  • 箱根海賊船
  • 箱根登山バス
  • 観光施設めぐりバス
  • 小田急箱根高速バス
  • 東海バス

の乗り物が乗り降り自由。

小さい子供が一緒だと、電車やバスに乗るときに限って、ぐずったり、トイレに行きたくなる、おむつを替えたい、などのトラブルがよくあります。

その度に降りていたら、毎回料金がかかってしまいます・・・。

箱根フリーパスは乗り降り自由なので、途中で降りてトイレに行って、また乗っても料金は同じ。

助かりますよね!

子連れで秋の箱根おすすめコース

秋の箱根のおすすめコースをご紹介します。

子供連れならぜひ、乗って欲しいのが海賊船です。

これも箱根フリーパスで乗ることが出来るので追加料金はかかりません。

そして、大涌谷も人気です。

黒たまごが有名ですよね。

ハロウィンの雰囲気のような、谷をロープウェイで登っていくので、特に男の子には人気です。

箱根湯本から箱根登山列車で大涌谷に行き、黒たまごを食べたら海賊船へ。

元箱根では芦ノ湖を一望できるので、景色を見たり散策してもいいですね。

お土産屋さんもあり、カフェがあったり、アイスを食べられたりするので休憩しても。

時間に余裕があったら、三島スカイウォークもおすすめです。

いちごの季節にはいちご狩りもできますし、ふくろうやハリネズミと触れ合えるお店も。

スカイウォークでは、いちごソフトやパフェなどを楽しむことが出来、恐竜のシューティングアトラクションなどもあり、1日楽しめるスポットとなっています。

女の子なら、花の種がついている天然の木で出来たチャームに願いを書き、スカイウォークから投げる「flower drop(フラワードロップ)」がおすすめ。

自分がなげた願いの木についた種が根付き、花が咲くかも、なんてロマンチックですよね。

間伐材を使用しているので、木は自然に戻ります。

小田急は子供に優しい

小田急電鉄は子連れにとっても優しいんです。

箱根湯本の駅では、駅員の衣装を貸してくれて写真を撮ることもできます。(2020年10月は感染予防のため行っていませんでした)

私が行ったとき、小田原の駅ではイベントを開催していて、紙の組み立て帽子をかぶって、駅員さんと写真撮影ができました。

お土産にスケッチブックと組み立てキット、ロマンスカーのカードを貰えました。もちろん無料です。

電車好きの男の子にはたまらないですね!

10月には「小田急子供乗り放題100円デー」も開催されていました。

残念ながら、私が行ったときは乗り放題デーではなかったのですが、通常は1,000円のチケットが100円だなんてびっくりです。

子連れ箱根は日帰りもおすすめ

いかがでしたでしょうか?

子連れで行く際、着替えやおむつも多めに用意したいし、抱っこの年齢の子供がいたら荷物が大変ですよね。

そんなときは日帰りもおすすめ。

近いので、日帰りでも十分楽しめます。

新幹線の距離はまだ無理な年齢の子でも、ロマンスカーは座席や見た目も新幹線に近いので乗るだけでも喜ぶこと間違いなし。

日帰り温泉などもたくさんあるので、ぜひ日帰りでも楽しんでみてくださいね。